この記事のまとめ

認知症予防や、頭のモヤモヤの対策アンチエイジング「プラズマローゲン」「クリルオイル」が話題になっています。特に、これら2つのオイルを併用すると、相乗効果により多くのメリットを得ることができます。また、この記事の末尾では、これらのオイルと相性が良い成分をご紹介します。

プラズマローゲンって何?

日本ではまだあまり有名ではありませんが、海外ではアンチエイジングの話題になっているプラズマローゲン。豊富なDHA、EPA(オメガ3系脂肪酸)などのオイルを豊富に含み、脳科学美容業界では注目されています。

グリセロリン脂質の一種であるプラズマローゲンは豊富なDHA、EPAを含有し、その抗酸化作用や血液凝固防止作用により、脳内細胞の保護、脳内のβアミロイド(脳内のゴミ)の蓄積防止、また脳内で情報伝達シグナルの活性化に役立つことが研究されていて、それにより認知機能の改善や認知症進行防止、アンチエイジングが期待されています。

事実、日本国内の研究では認知機能の自覚症状が改善した結論がでています。

しかしながら、脂溶性であるので一度血中に入ってしまえば脳関門(脳への入り口)は比較的スムーズに移行できますが、リン脂質というものは服用しても胃、腸から吸収することはとても難しいことが予想されます。

とはいえ、静注することは現実的ではないので、いかに吸収率を高めるかということが課題になります。

そこで、登場するのが「クリルオイル」です。

クリルオイルって何?

クリルオイルも同様、豊富なDHAやEPA(オメガ3系脂肪酸)を含有しているのに合わせて、抗酸化作用が期待されているアスタキサンチンも多く含みます。(アスタキサンチンは日本の研究で認知機能が改善したという結果がでています)

体内の酸化物質を防ぐことができるので、体内のアンチエイジングや、脳内の血液を活性化させて認知機能の改善やひらめき力の増加が期待されています。

プラズマローゲン+クリルオイルのメリット

クリルオイルは脂溶性でありながらも「水溶性」にもなり得るという点がポイントです。

つまり、プラズマローゲン=脂溶性、クリルオイル=脂溶性+水溶性なので、これらを併用すると相乗効果により、クリルオイルが腸内から吸収されると同時にプラズマローゲンも一緒に吸収することができるのではないか、という効果が期待されています。

また、同様の理由で服用するのであれば「食直後」に服用することで、腸からの吸収率を上げることができるかもしれません。その際、脂っこいものを食べすぎた後だと吸収の競合が起こる可能性が高いので、あまり油ものを摂取しないようにしましょう。

合わせて摂取すると良い成分

一緒に服用するとより有用になる可能性があるサプリメント(成分)についてオススメがあります。

これは、性質上を考慮すると、多々あることが予想されますが、代表的なものとして「αリポ酸」「アセチルLカルニチン」「イチョウ葉エキス」でしょう。

(+α)αリポ酸とは?

・αリポ酸はチオクト酸とも呼ばれる脂溶性のビタミンの仲間です。(昔は医薬品でした)

この成分の特徴は「抗酸化作用」で、脳内の酸化を防ぐ効果が期待されています。

アメリカではアルツハイマー患者にω3不飽和脂肪酸(DHA、EPA)と一緒にαリポ酸を摂取したらどうなるか、という研究が行われました。

その結果、認知機能指標(ミニメンタルステート)の改善と、IADL(手段的日常生活動作)の低下抑制が結論付けられました。昔は医薬品だっただけに、最も相性が良いと言えるでしょう。

(+α)アセチルLカルニチンとは?

・アセチルLカルニチンは、ミトコンドリア内膜に存在するアミノ酸の一種です。

この成分は体内でカルニチンになりますが、カルニチンは脂質をミトコンドリア内に運搬し、脂質の代謝の役割があるとされています。

つまり、プラズマローゲンやクリルオイルのω3系脂質を効率的に運搬することで、オイルの代謝、吸収率が高められるのではないか、という効果が期待されています。

また、脳内でアセチルコリンという物質を増加させることで認知機能の改善をつながるとの結論も一部研究で報告されています。

(+α)イチョウ葉エキスとは?

・イチョウ葉エキスは、すでにサプリメントとして発売されていますが、活性酸素消去作用血管拡張作用を有しているために、プラズマローゲンやクリルオイルとは少し違ったタイプにはなります。

このような特徴により、認知機能や脳細胞ダメージを防止することが期待できます。

副作用に注意

ここまで、たくさんの素敵なメリットを記載しましたが、もちろん副作用にも注意が必要です。

血液サラサラ成分のDHAやEPAの過量摂取により、脳出血やアザの増加という副作用が考えられます。また、脂溶性物質のオイルが体内に蓄積してしまうこともあるので、1日の目安量以上は摂取してはいけません。

最安値お試し品

まずは10日のお試し品があるので、ご自身だけでなく高齢の親御様にもオススメです。
薬剤師が自信をもってオススメします。体の変化を実感して下さい!
詳細はこちら (最安値)