ドラッグストアの違いがわかる!おすすめ転職ランキング

ドラッグストアへの薬剤師転職

薬剤師でドラッグストアへ転職、就職は高収入という理由からも、多くいます。

しかし、少なからず不安はあるのではないでしょうか。
違いはある?とりあえず大手に入ればいい?ブラック企業?勤務時間が長い?

やみくもに年収だけを見て、転職するドラッグストアを決めていませんか?
それは危険です。最高の転職をするためにも、ドラッグストア業界の見方をマスターしてください。

ドラッグストアの給与はどうなの?

調剤薬局や病院との比較

就職先 初任給 1年目の年収 昇給後の年収
病院 20万円~25万円 350万円~400万円 700万円
調剤薬局 25万円~30万円 400万円~500万円 700万円
調剤併設ドラッグストア 25万円~35万円 450万円~550万円 900万円
製薬MR(内外資) 20万円~25万円 350万円~400万円 1200万円

ドラッグストア業界は初めての就職、転職先としても多くの給与を得ることができます。

そんな多くの給与を得られる理由は、ドラッグストア業界のおかれている状況に環境にあります。

調剤薬局とドラッグストアを比べた場合、将来性で見るとドラッグストア>調剤薬局である。
簡単におさらいすると、

POINT!

・門前の調剤薬局は今後、おおくが潰れる!(面タイプへ移行)

 

・長期処方やリフィル導入により、家の近くにあるドラッグストアが強い!

 

・国の医療費を抑えるために、市販薬での「予防医療」が求められる

詳しくは、【まとめ】薬剤師の年収1000万円は簡単。調剤薬局へ転職

そのため、収益が安定していて多くの出店が可能となるため、より多くの薬剤師を必要としています。
また、調剤薬局よりも業務の幅が広く、勤務時間も長く設定されているため高待遇なようです。

年俸制と月給制どっちがいいの?

ドラッグストアでは「年俸制」と「月給制」の2種類があります。

POINT!

個人的には月給制がオススメ。しっかり評価されて、しっかり昇給しよう!

年俸制と月給制

・年俸制;ウエルシア、マツキヨなど

賞与(ボーナス)が無い。その分、毎月の給与が多い。
初年度から高い年収で薬剤師を集める。昇給は少ない。狩猟型人事とも呼ばれる。
とにかく、初年度から高い月収を求める人には向いている!

・月給制;スギ薬局(HD)、サンドラッグ、ココカラファインなど

賞与(ボーナス)が有る。月給は年俸制には及ばないが、評価を得ることで毎年、昇給していく。
農耕型人事とも呼ばれる。教育をしっかり受けて、頑張った分を評価されたい人に向いている!

このように、メリット、デメリットがあります。しかし、個人的には月給制をおすすめします。

それには理由があります!月給制の会社の特徴として、社員を育成しようとする風土が強いです。

POINT!

・教育体制がしっかりしている会社であることが多い

 

・頑張った分だけ、しっかりと評価されるため、やりがいが多い

年俸制に隠されたトリック

上の図はWさんの2015年度の新卒採用と2018年度の新卒採用の違いです。

違いがどこにあるかわかりますか?
2015年度の時は「新卒から年俸600万円」と募集をかけていました。

しかし、よく見てください。月22時間の時間外勤務手当を含むと書いてあります。

これは毎日1時間残業したとして、9時間勤務として上乗せされているわけです。
残業しなくても、残業しても年棒600万円固定をどう見るかは解釈に任せます。

そんなグレーな募集が許されるわけもなく、2018年度にその記載は無くなりました。

Wさんに務めている薬剤師さんからは単純に「年俸が下がった!」との不満の声も聞こえています。

ドラッグストアはどこも同じなの?

薬剤師としてかかわる商品が違う

各社で違います。そもそも、各社には強い分野と弱い分野があります!
つまり力を入れている分野が違う=関わる業務も違うということです。

では、問題です!
下の図は「部門別売上構成比」を各社でまとめたものです。どこの会社かわかりますか?

部門構成比率

4つのドラッグストアが扱っている部門(商品群)をグラフにしてみました。(2016年度)

では、正解発表!

1はスギ薬局
2はマツモトキヨシ
3はコスモス
4はウエルシア

いかがですか?これを見ても、各社の特徴を見ることができます。

たとえば、スギ薬局ウエルシアは扱っている部門が似ているなぁ、バランスいいなぁという印象。
とは、マツモトキヨシ化粧品が強いな!調剤は弱いのかな?
コスモス食品が強い!安いのかな?薬剤師としても食品に触れる機会が多そう。

と、自分が薬剤師として働く姿を少しイメージすることができます。

経営者一族経営?薬剤師はいますか?

経営幹部に薬剤師が在籍しているかどうか、というポイントも非常に重要です。

なぜか、やはり薬剤師の気持ちは薬剤師にしかわかりません。
薬剤師が中心となって活躍している企業には、幹部経営者に薬剤師がいることが多いです。

・マツモトキヨシHD(松本家)
・ツルハHD(鶴羽家)
・クリエイトSD HD(山本家)
・スギHD(杉浦家)
・サンドラッグ(多田家)

POINT!

スギHDは創業者から2世代にわたって全員が薬剤師免許をもっている

 

クリエイトSD HDは創業者2名が薬剤師

 

ツルハHD、サンドラッグは誰も薬剤師ではない

 

マツモトキヨシHDは代表取締役会長の1名のみが薬剤師

ランキングで見る各社の違い

売上高ランキング(最新版)

ドラッグストア企業名 売上高(百万円) 本社地
ウエルシアHD 623,163 東京
ツルハHD 577,088 北海道
マツモトキヨシHD 516,147 千葉
コスモス薬品 502,732 福岡
スギHD 430,795 愛知
サンドラッグ 380,996 東京
ココカラファイン 374,795 神奈川

みなさんが良く雑誌や、特集で目にするランキングだと思います。

各社、声高らかにアピールしますが、これを鵜呑みにしないでください!

なぜか?それはM&Aで作り上げたただの合算にすぎないからです。
もちろん、M&Aを繰り返せば見かけの売上高は増加します。
増加したとしても、借金まみれで内部がボロボロでは転職すべきではありません。

最近であれば、ウエルシアHDイオングループ
ツルハHD杏林堂(静岡)の合併ニュースが新しいですね。

営業利益で比較しよう(最新版)

当サイトではおなじみの営業利益率です。どれだけ利益がでているかがわかります。営業利益とは売上から販管費(人件費)等を抜いた「利益」になります。

その営業利益÷売上高が「営業利益率」となります。

ドラッグストア企業名 営業利益率(%)
サンドラッグ 6.4(6.44)
ツルハHD 6.4(6.42)
マツモトキヨシHD 5.3(5.31)
スギHD 5.3(5.30)
ウエルシアHD 3.9
コスモス薬局 4.4
ココカラファイン 2.7

これを見てみると、売上では1位独走だったウエルシアHDですが、営業利益率では低い数値です。
売上が伸びている以上に、役員等への人件費が高いのでしょうか。

時価総額で比較しよう(2018年度・1月某日)

さて、続いては時価総額です。

時価総額が大きいということは、
業績だけではなく将来の成長に対する期待も大きいことを意味する。Wikipedia

つまり、投資家さんたちからの外部評価ということになります。
将来性や期待という点でもちろん、高値の方が良いでしょう。

ドラッグストア企業名 時価総額(百万円)
ツルハHD 770,874
サンドラッグ 717,329
ウエルシアHD 515,701
マツモトキヨシHD 499,920
コスモス薬品 472,209
スギHD 371,119
ココカラファイン 184,676

同じドラッグストアでもココカラファインツルハHDではここまで差がでていますね。
ココカラファインといえば、多くの企業が合併してできたM&A企業ですね。
そんなM&Aがあまりうまくいかなかったのでしょうか。

時価総額と営業利益率から見るおすすめ企業

さて、「時価総額(外部評価)」と「営業利益率(儲けが多い)」から見えてくることがあります。

時価総額と営業利益率
こうして、縦軸に「時価総額」、横軸に「営業利益率」ととってみると上のようなグラフになります。
一般的に、時価総額と営業利益率が高い右上の企業が安定していると言えます。

売上高では1位のウエルシアHDでしたが、このように視点を変えると新しい発見があります!
M&Aでただ作り上げた合算売上ランキングには、さほど説得力はありません。

最後に企業にどれだけのお金があるか?(最新版)

最後の比較になります。それは「預金」つまり、どれだけお金を持っているかということ。
お金が無ければ、設備投資や変化に対応できません。社員のボーナスにも影響する場合があります。

企業の預金ランキング

こうして見るとスギHDは多くの預金をしていることがわかりますね!
ココカラファインや、ウエルシアHDではM&Aの影響もあり、多くの預金はできていないようです。
また、ここでは割愛しますが各社の有利子負債(借金)も要チェックですよ。

まとめ

転職はスギ薬局(HD)やツルハHDが狙い目?

この記事のまとめ

・個人的にはスギ薬局(HD)、ツルハHDが熱い

・将来性はドラッグストア>調剤薬局と言ってもいい

・個人的には年俸制より、月給制がおすすめ

・ドラッグストアでも得意不得意の分野があり、薬剤師が働く姿も変わってくる

・経営者幹部に薬剤師が多くいる企業がおすすめ

・売上高ランキングのトリックに騙されるな!時価総額と営業利益率をチェック

ドラッグストアというとブラックなイメージがあるけど、今後期待が高い業界です。
あなたの目で、企業の中身をのぞいてみてください!

ではまたー!

元人事部長が教える「薬剤師の転職ガイド」

薬剤師の転職サイトで口コミや、ランキングを信用してはいけません!
勇気をだした転職が失敗におわる薬剤師には法則があります。
それは「信頼できる転職エージェント」をつけなかったからです。

元人事部長で現役薬剤師の筆者が、責任をもって最高の転職をお約束します。

コメント

コメントを残す

*