薬剤師の本音レビュー2

【新常識】薄毛や若ハゲはヘパリンで毛根を育てよう

薄毛

薄毛

この記事のまとめ

「ヘパリン類似物質」という成分が含まれた市販薬が薄毛や、若ハゲ予防に効く可能性あります。ヘパリンには皮下組織の血流を促進させ、毛根が育つ栄養を多く運んでくれる効果が期待できます。また、抗炎症作用、保湿作用もあるため、頭皮環境の改善には適しています。リアップX5やリグロEX5と一緒に使用してもOKです。

薄毛や若ハゲ予防にはヘパリンがいい?

SNSや医師の間でも話題になってる成分「ヘパリン類似物質」

美容効果があるとも言われていますが、その特徴的な効果は「血行促進・抗炎症・保湿」作用です。

薄毛や若ハゲが気になりだした男性の頭皮は血流量が少なく、毛根に十分な栄養素が届けられていない可能性があります。理由は様々ありますが、血管年齢の低下やドロドロ血液とも言われています。

また、多くの男性は頭皮の乾燥により余分な皮脂があふれ出て、頭皮環境は良くありません。余分な皮脂は、頭皮に炎症が引き起こし、あなたの抜け毛を後押ししていることになります。

ヘパリンの効果である「血行促進・抗炎症・保湿」作用により、毛根が残っている今のうちに頭皮環境のケアをしましょう。

リアップX5との違いは?

発毛育毛のCMで有名なリアップX5ですが、決してホルモン剤ではありません。
(医療用医薬品のザガーロ、プロペシアのようなものがホルモン剤)

実はリアップX5に含まれる成分「ミノキシジル」の効果は「血管拡張作用」です。つまり、血管を拡張させることにより、血流量を増やして毛根にたくさんの栄養素を届けることができるのです。

毛根に多くの血流にのって豊富な栄養素が届けられると、毛母細胞の分裂が促進されて「抜け毛の減少」「太くコシのある毛髪」に育つことができます。

つまり、リアップX5にしてもヘパリンにしても頭皮の血流を増加させることには変わりないのです。

ヘパリンの頭皮への効果的な使い方

一番のオススメはお風呂上がり。できればドライヤーで髪を乾かした後、頭皮が乾燥する前に使用しましょう。そうすることで、余分な皮脂分泌を防ぎ、お風呂上がりの拡張した毛血管に多く薬用成分が吸収されます。

リアップX5と一緒に使用される場合は、先に血管拡張効果のあるリアップX5を使用して、その5分後にヘパリンを優しくつけると、保湿効果や血行促進効果が持続します。

ヘパリンが含まれる製品一覧

薄毛や若ハゲに効くとされるヘパリンが含まれる医薬品は「HPローション」がオススメ!

【最強】医薬品で跡を残さずニキビを治す|即効で治る飲み薬って何?

ニキビ内服薬のルミンA

この記事のまとめ

・すぐに治したいニキビ洗顔 にはクリーミュー がオススメ!

・抗生剤のミノマイシンやビブラマイシンを併用すると治りが早い

・ビタミン剤の効果は気休め程度。そこまで大差はない

・ルミンAは高いがニキビに効果あり!⇒値段を見る

思春期だけでなく、大人になってもすぐに治したい「ニキビ」はお薬に頼りましょう。

有名所ではチョコラシリーズBBをよく耳にします。しかし、なかなか良くならないし、すぐに病院にいった方がいいのか、という疑問もあるのではないでしょうか。

今回は、病院で処方される抗生剤も含めて、最速でニキビを消してくれる可能性が高いお薬を薬剤師視点でご紹介します。これでもうニキビは怖くない。

「ニキビをやっつけろ!最強の塗りくすり編」は後日公開。併せてご参照ください。

続きを読む

【薬剤師監修】アレグラ効かない?鼻水が一瞬でとまる!最強花粉対策

この記事のまとめ

最強の花粉対策は、花粉がとび始める2、3日前から以下4つを同時に使用。効果を実感できなければ、ストナリニAジェルをアレジオンに変更する。眠気が嫌ならまずはアレグラ。それでもダメなら小青竜湯に変更。

【▼薬剤師オススメの最強4品目▼】

「ストナリニ Zジェル」 
「ナザールαAR0.1%」
「マイティアアルピタットEXα」
「イハダ花粉吸着防止スプレー」

スギ花粉のシーズンは本当につらい。くしゃみが止まらないし、鼻水もとまらない。

最近では、資生堂薬品 イハダアレルスクリーンという顔やマスクにスプレーする花粉対策も新発売されました。お薬はアレグラやクラリチン、アレジオンなど数えるだけでも10種類以上が発売されていて、「どれが自分に合うのかわからない」と悩む方も多いのではないでしょうか。

そんなあなたに、本当によく効く薬や、薬剤師が実践しているマル秘花粉対策を解説します。花粉症のお薬が効かないという方は、これを読めばつぎに試す一手が必ず見つかります!

続きを読む